なぜ、24時間換気システムが必要なの?

あまり普段気にしていない、換気扇や給気口の清掃についてお話しいたします。
近年、「高断熱・高気密」の住宅が主流となっています。
外からの冷気や熱気を遮断して、居室内の気密性を高くすることで冷暖房を効きやすくするというものです。
家計や地球温暖化に貢献し、現代のニーズに合った商品性と言えます。
ただ、デメリットもあります。
断熱・気密性が高すぎることで「シックハウス症候群 」の原因となる住宅部材に含まれた化学物質や、生活臭などの臭い、また湿気などが部屋にこもってしまいます。
住宅にはホルムアルデヒドを極力含まない建材を開発しましたが限界があります。
そこで24時間換気することで、ホルムアルデヒドができるだけ家のなかに溜まらないシステムを作る必要があるのです。
また24時間換気することで、カビやダニの発生を抑える効果も期待できます.
2003年の建築基準法の改正によって設置が義務付けられました
これらを外に逃がして新鮮な空気を外から取り込む「換気」が大事になってきます

ファンやフィルターの掃除について
エコワンハウスでは第3種換気システムが採用されています。
給気は自然給気、排気にはファンが使用されているわけです。
気になるのが、給気口にあるフィルターの掃除や排気口のファンのお手入れについてです。
当然ですが、外の空気をそのまま取り入れたら、余計なものを一緒に家のなかに入れてしまうかもしれません。給気口にはフィルターが必要です。排気口には家中の空気が常に集まってきますから、ファンにはホコリが付着しやすくなります。そのため、給気口のフィルターや排気口のファンは、3か月に1度程度洗浄する必要があるのです。

掃除していないとどうなるか……。その写真がこちらです


more...

只石組 建築部 施工事例のご紹介

みなさん、こんにちは
めっきり寒くなってきましたね、まだ9月なのに~
もう秋、・・冬が近づてきました。

今回は建築部での施工事例についてご紹介いたします。
冬になると 屋根からの雪がお隣に入って、もしも、
歩行者などにけがやお隣の建物を壊す事も考えられます。

今回は雪止めフェンス施工事例をご紹介いたします。
雪止め柵施工事例

冬に向けてのリフォーム相談お受けいたします。
お気軽にご相談ください

お知らせ

夏季休業(8/11~8/15)のお知らせ


誠に勝手ながら、以下の期間を休業とさせていただきます。

2017年8月11日(金)~2017年8月15日(火)

休業中にいただいた「お問い合わせ」につきましては、
8月16日(水)以降に対応させていただきます。

また、8月11日(金)にいただいた「お問い合わせ」につきましても、
8月16日(水)以降に対応させていただく場合がございます。

大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

夏のイベント 誰にもやさしいUDみこし!2017年もいざ出陣

誰にもやさしいUDみこし!2017年もいざ出陣
さんろくまつりが近づいてきました。
只石組も協力しています。 車いす紅蓮隊からのお知らせです。
170714m1.jpg

現在まで決まっているスケジュールだけ記載します
■日 時 : 8月5日 16時に7条買い物公園緑道に集合です!
※昨年同様、買い物公園にUDみこしが皆さんをお待ちしております
ここで、半被等配布いたしますね。
さて、流れです
■出陣式:7条緑道で、16時50分から出陣式を行います(皆さんはみこしに配置して待機です)
※大雪連合みこしの出陣式です
■出 陣:
旭川駅に向かって連行します → 3条6丁目に入っていきます
男みこし・女みこしの連行・出陣式に加わります。
そして、大雪連合みこし・華酔会の出陣式があるため
皆さんは、3条本通りにUDみこしと一緒に待機となります。
出陣式が終了後、
■18:30頃
昭和通りの8の字連行です。
是非、参加希望の方はお待ちしております。
また、露店でもおまししています。

是非、参加希望の方はお待ちしております。
また、露店でもおまししています。
詳しくは 紅蓮隊ブログをご覧ください。

東川町での住宅補助金制度について

みなさんこんにちは、今回は旭川の隣町、東川町での助成・支援制度についてお知らせいたします。

〇景観住宅建築支援事業補助金
対象要件
住宅本体の床面積50~280m2
景観への配慮(樹木の植栽、壁・屋根・外観・色等)
その他、認定基準及び東川風住宅設計指針を満たすこと
補助内容
物置及びカーポート等(町内業者施工)
= 事業費の1/2以内、50万円以内を補助
※2世帯住宅の場合は、事業費の1/2以内、100万円以内を補助

〇二世帯居住推進事業補助金
補助要件
親または子が町外から転入して自ら居住用の住宅を町内に新築または、増・改築(または二世 帯住宅を新築)する方で、要綱に定める要件に該当する場合
住宅本体の床面積 100m2以上
東川風住宅設計指針に定める審査基準を満たすこと(景観への配慮)等
補助金額
事業費の1/2以内で上限100万円の補助(二世帯住宅の場合は、上限200万円)

〇きた住まいる建設推進事業
補助要件
住宅本体の床面積100m2以上
東川風住宅設計指針に定める審査基準を満たすこと(景観への配慮)
北海道が定める「きた住まいる」に登録された戸建専用住宅であること
UA値(外皮平均熱貫流率):0.38W/m2・K以下(またはQ値(熱損失係数):1.3W/m2・K以下)いずれも換気による熱回収計算を含まない
C値(相当隙間面積):1.0cm2/m2以下
補助金額
事業費の1/2以内で上限100万円の補助(二世帯住宅の場合は、上限200万円)
※東川町土地開発公社分譲地で、平成29年12月31日までに完成し入居する戸建専用住宅に限り、上限を200万円とする

詳しく 東川町HPをご覧ください。他にも補助金制度がありあます。
プロフィール

エコワンハウス

Author:エコワンハウス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード