FC2ブログ

なぜ、24時間換気システムが必要なの?

あまり普段気にしていない、換気扇や給気口の清掃についてお話しいたします。
近年、「高断熱・高気密」の住宅が主流となっています。
外からの冷気や熱気を遮断して、居室内の気密性を高くすることで冷暖房を効きやすくするというものです。
家計や地球温暖化に貢献し、現代のニーズに合った商品性と言えます。
ただ、デメリットもあります。
断熱・気密性が高すぎることで「シックハウス症候群 」の原因となる住宅部材に含まれた化学物質や、生活臭などの臭い、また湿気などが部屋にこもってしまいます。
住宅にはホルムアルデヒドを極力含まない建材を開発しましたが限界があります。
そこで24時間換気することで、ホルムアルデヒドができるだけ家のなかに溜まらないシステムを作る必要があるのです。
また24時間換気することで、カビやダニの発生を抑える効果も期待できます.
2003年の建築基準法の改正によって設置が義務付けられました
これらを外に逃がして新鮮な空気を外から取り込む「換気」が大事になってきます

ファンやフィルターの掃除について
エコワンハウスでは第3種換気システムが採用されています。
給気は自然給気、排気にはファンが使用されているわけです。
気になるのが、給気口にあるフィルターの掃除や排気口のファンのお手入れについてです。
当然ですが、外の空気をそのまま取り入れたら、余計なものを一緒に家のなかに入れてしまうかもしれません。給気口にはフィルターが必要です。排気口には家中の空気が常に集まってきますから、ファンにはホコリが付着しやすくなります。そのため、給気口のフィルターや排気口のファンは、3か月に1度程度洗浄する必要があるのです。

掃除していないとどうなるか……。その写真がこちらです


排気口(換気扇)状況です。 写真からは分かりにくいのですが、裏面は このようになっています。
パイプの中にもほこりが溜まっています。
IMG_7524.jpg  IMG_7527.jpg IMG_7530.jpg IMG_7528.jpg
このようにほこりが付くと 換気能力は落ち、排気口(換気機械)が壊れる事もあります。
排気がされない状態になると 室内の湿度調整もできなくカビの発生する状態となねります。

給気口のフィルター清掃について
外から新鮮な空気を取り入れる場所ですが、こちらのフィルター清掃は3か月に1回程度行ってください。

掃除していないとどうなるか……。その写真がこちらです。
IMG_7508.jpg IMG_7509.jpg IMG_7510.jpg IMG_7511.jpg
屋外からのごみが室内にはいらないようにフィルターがついていますが、ほこりが付着することで給気口からは新鮮な空気は屋内に入らない状態となります。この状態になると室内の換気がされていない状態となってしまいます。換気扇が動いているか大丈夫と感じがしますが、この状態になると 室内には新しい空気が入らいので結露、カビが発生してしまいす。

大切な家族が健康に暮らすために、非常に大切な設備。掃除もしっかりして、シックハウス症候群とは無縁のきれいな空気のなかで生活したいですね。










comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

エコワンハウス

Author:エコワンハウス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード