FC2ブログ

次世代住宅ポイント制度・・・・とは

2019年より「次世代住宅ポイント制度」の実施が決定されました!!
名前は違いますが、過去には「住宅エコポイント」「省エネ住宅ポイント制度」という名前で運用されていた補助金制度です。

次世代住宅ポイント制度の対象は?
次世代住宅ポイント制度の対象となるもの
注文住宅での新築
新築分譲住宅の購入
リフォーム(中古購入後リフォームも含む)

次世代住宅ポイント制度はいつからいつまで?
大前提となるのは消費税10%が適用された場合の補助金であること。
それゆえに、引渡し時期は消費税10%が適用される2019年10月以降であることが条件です。

注文住宅・リフォームの場合
・2019.4~2020.3に請負契約・着工をしたもの
※閣議決定日~2019.3に請負契約をした場合でも、着工が2019.10~2020.3となるものは特例的に対象

次世代住宅ポイント制度はいくらもらえる?
2019年に新設された、次世代住宅ポイント制度は、新築とリフォームでその上限が変わります。
新築の場合は、最大35万ポイント
リフォームの場合は、最大60万ポイントになります

基本の30万ポイントは建売住宅も含めて最近の新築一戸建てであればクリアできる条件ですのでほぼ対象となるでしょう。
次の優良ポイントについては、内容は、

①認定長期優良住宅
②低炭素認定住宅
③性能向上計画認定住宅
④ZEH
のいずれかを満たすものです。

では リフォームの最大60万ポイントの内訳!
断熱改修(内外窓、ガラス) 0.4~2万ポイント×箇所数
断熱改修(ドア) 2.4, 2.8万ポイント×箇所数
断熱改修(外壁) 5, 10万ポイント
断熱改修(屋根・天井) 1.6万, 3.2万ポイント
断熱改修(床) 3万, 6万ポイント
エコ住宅設備(太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯器) 2.4万ポイント
エコ住宅設備(節水型トイレ) 1.6万ポイント
エコ住宅設備(節湯水栓) 0.4万ポイント
耐震改修 15万ポイント
バリアフリー改修(手すり) 0.5万ポイント
バリアフリー改修(段差解消) 0.6万ポイント
バリアフリー改修(廊下幅等拡張) 2.8万ポイント
バリアフリー改修(ホームエレベーター設置) 15万ポイント
バリアフリー改修(衝撃緩和畳の設置) 1.7万ポイント
家事負担軽減設備(ビルトイン食器洗機、掃除しやすいトイレ、浴室乾燥機)1.8万ポイント
家事負担軽減設備(掃除しやすいレンジフード) 0.9万ポイント
家事負担軽減設備(ビルトイン自動調理対応コンロ) 1.2万ポイント
家事負担軽減設備(宅配ボックス) 1万ポイント
リフォーム瑕疵保険の加入、インスペクションの実施 0.7万ポイント
若者・子育て世帯による既存住宅の購入を伴う100万円以上のリフォーム 10万ポイント
出典:国交省HP

リフォームの工事内容としては、断熱工事、省エネ工事、耐震改修、バリアフリー、家事負担軽減設備の導入となります。
この基本系で30万ポイント。
中古住宅の購入あると追加で15万ポイント。
さらに若者・子育て世代だと追加で15万ポイントの合計上限60万ポイントと考えれば分かりやすいと思います。

詳しくは次世代ポイントHPをご覧ください

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

エコワンハウス

Author:エコワンハウス
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード